世の中の話題・オススメ情報・メモ情報を発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しいコピーライトの表記

2014.02.20

正しいコピーライトの表記 はコメントを受け付けていません。

デザイナーに限らず、創作物には自動的に「著作権」が発生します。
漫画、小説、歌詞、レポートなどなど、、、。
webページも著作物に該当します。

サイトの下にある「Copyright (C)2014?」が著作権の表記になります。
幾つかバリエーションがありますが、大抵は下記の通りです。
長いver:Copyright (C) 2014 ○○○ All Rights Reserved.
短いver:(C) 2014 ○○○

■意味
Copyright (C):著作権表記
2013:西暦
All Rights Reserved:すべての権利を保有しています

「Copyright」や「All Rights Reserved」は、念押しで表記しているので、必ずしも必要ではありません。

著作権については、様々な本が出るほど複雑で、トラブルがつきものです。
日本では、権利の登録やコピーライトの表示の必要はありません。
しかし、日本以外での著作権の保護や、いさかいを避けるために表記しておくべきでしょう。

【PR】集客効果大!ショップナビに無料登録!学習塾を検索!
【PR】速報!国士舘大学バスケットボール情報サイト

関連記事

コメントは利用できません。