世の中の話題・オススメ情報・メモ情報を発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

六本木のかき氷専門店 イエロ 凄い!

2014.05.02

六本木のかき氷専門店 イエロ 凄い! はコメントを受け付けていません。

六本木にかき氷専門店の「yelo(イエロ)」というお店があるそうなのだが、なんだか超お洒落な感じのかき氷でかなりそそられました!
お店のウェブを見ると10種類あるのですが、その中でもティラミスとアボカドマスカルポーネが特に気になった!フルーツ系のメニューを出すかき氷屋さんはちょいちょみますが、ココアパウダーとマスカルポーネをかき氷に入れてティラミスにしてしまうなんて発想がスゴイよ!!徐々にあったかくなってしたし近いうちに行かねば!!
be8316cd fa6a40ba ae301a58
~~~ 下記、秒刊サンデーの記事 ~~~

最近、じわじわとブームになりつつある「ワンメニュー専門店」だが、4月1日、六本木に「かき氷専門店」が新しくオープンした。その名もかき氷専門店「yelo(イエロ)」。今までわれわれが思い描いているような「生易しい」カキ氷ではなく、大人の魅力が詰まったワンランク上の高級感漂うカキ氷である。ということで今回言ってきましたのでさっそくレポートしよう。

緑色の正体は抹茶ではなく、なんとアボカド!

今回オープンしたのは、かき氷カフェバー「yelo(イエロ)」。同店は、かき氷専門ということに加え、営業時間は朝までというちょっと変わったスイーツショップだ。

六本木交差点の裏手に店を構え、外装はかき氷という和風なイメージとは裏腹に、赤を基調としたシックなデザイン。初めて訪れた人は「ここが本当にかき氷屋さん?」と思うかもしれない。

20時ころ同店を訪れると、店内は満席。カップルや女性客だけでなく、スイーツのお店としては珍しいスーツを着た男性の1人客がみられた。「まだ夜は冷えるし、かき氷なんて時期外れ……」なんて思う人もいるかもしれないが、店内は暖房が効いているので、ご安心を。

基本メニューは全10種類で、定番の「いちごミルク」や「抹茶」に加え、「有機にんじんマスカルポーネ」「チャイ」といった変わり種もラインナップ。氷やその削り方、手作りシロップにこだわり、ミルクベースの特性ソースを使用しているのがポイントだ。

今回は人気メニューの「ティラミス」(800円)と、味が予想できない「アボカドマスカルポーネ」(900円)をチョイス。フリードリンクの「グリーンルイボスティー」を飲みながら待機すれば、体が芯から温まり、かき氷の受け入れ態勢は万全だ。

まずは「ティラミス」から実食。一口頬張ると……なるほど、ティラミスの味だ! 「なにを当たり前のことを」と思われるかもしれないが、氷ベースでありながら、ティラミスの濃厚さを表現するのは、なかなか難しいのではないだろうか?

氷自体はまるで新雪のようにふわふわ。甘さ控えめなマスカルポーネソースとココアパウダーが、口のなかで氷とともに溶けていく。しっかりとしたティラミスらしさを感じつつも、後味はあっさりしており、なんとも不思議な味わいだ。

続いては「アボカドマスカルポーネ」。横に添えられているのはカスタマイズメニューの「ミルクゼリー」(50円)だ。肝心の味は、良くも悪くもアボカドなのかがわからない。緑のシロップ部分だけをすくうと、かすかに野菜のような香りが感じられる。

トッピングの「ミルクゼリー」は、風味に加えてもっちりとした食感がアクセントになる。「アボカドマスカルポーネ」自体がクセのない味なので、さらに「オレオ」や「アーモンド」(以上50円)などと組み合わせてカスタマイズしても良いかもしれない。

同店は、18時以降にアルコール類も提供しており、酒を使った「NIGHT KAKIGORI」も味わえる。現在は「ラムレーズン」と「ラムベリー」の2種類のみだが、新たなメニューも開発中とのこと。

ちなみに4月中限定メニューとして、桜ゼリーや白あん入りの「さくら」も登場している。六本木近くに飲みに行ったなら、締めにかき氷なんてのもいいかもしれない。

イエロ
http://yelo.jp/

※引用元:秒刊サンデー|カキ氷の概念を転覆させた六本木のかき氷専門店「yelo(イエロ)」の破壊力がマジ凄かった
http://www.yukawanet.com/archives/4668505.html

関連記事

コメントは利用できません。