世の中の話題・オススメ情報・メモ情報を発信!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpryメールアドレスのValidationの改造

2010.02.18

SpryメールアドレスのValidationの改造 はコメントを受け付けていません。

ある申し込みフォームを作る際、入力チェックのために
Adobe Spryを使うことになった。

以前にも少しだけ使ったことがあったので、何の問題もなく
一通り作り上げて終わったと思ってたんですが、ある指摘を
受けてしまいました。

内容は、「メールアドレスが入力出来ない」とのこと。。。
んー私のいくつかのアドレスは全てチェックして問題なかった
から変だなぁと思いつつも問題のアドレスを入力してみると
確かに入力出来なかった。

原因は、アドレスにスラッシュが入ってたから。
Spryの一部を改造するしか方法がなさそうでしたので、
方法を調べていたら既にやっている方がいました。

f-shin.heteml.jp/webstandard2007/sprywidget_sample.html

この方が試した方法をそのまま利用させていただき、無事
問題のアドレスも受け付けるようになりました。

改造したのは、ファイル名「SpryValidationTextField.js」の
213行目で
[sourcecode language=”js”]
var rx = /^[w.-]+@[w.-]+.w+$/i;
[/sourcecode]
のアットマークの前の正規表現を下記のように変更しました。
[sourcecode language=”js”]
var rx = /^[w./?+_-]+@[w./?+_-]+.w+$/i;
[/sourcecode]

以上、無事解決出来て良かったです。

※下記、修正したファイルのヘッダーに書かれているバージョン情報です。
// SpryValidationTextField.js – version 0.37 – Spry Pre-Release 1.6.1
//
// Copyright (c) 2006. Adobe Systems Incorporated.
// All rights reserved.

関連記事

コメントは利用できません。